マタニティヨガの効果やメリット、やってはいけないポーズと注意点

マタニティヨガの注意点

健康維持やダイエットなどで注目され人気が高いヨガですが、多くの女性が関心があり、実際に日常生活の中で取り組まれている方も多いかもしれません。

このヨガは妊娠中に適度な運動として取り入れる事も可能で、マタニティヨガとも呼ばれて浸透しつつあります。しかし、インターネット上で見られる動画を、知識や準備もなく始めてしまい、怪我をしてしまう女性が大勢います。正しく適正な方法で取り組むために、効果や注意点についてみてみましょう。

マタニティヨガは誰にでも出来る

マタニティヨガとは

マタニティヨガの良い点としては、妊婦さんでもマイペースで続けやすいところです。体調が悪くなったら一旦お休みして再開という事も可能な運動で、スイミング、スポーツなどが苦手だという方でもハードルが低い運動の一つです。運動音痴で・・と苦手意識がある方でも、マタニティヨガは難しい事はないので、人と同じポーズである必要も無く、体調に合わせてできるポージングを取り入れてもよいでしょう。

マタニティヨガの効果とメリット

マタニティヨガの効果とメリット

マタニティヨガは、産前、産後の体調不良を防いでくれたり、妊娠中に増加する体重をコントロール、リラックス&リフレッシュ効果、安産効果、産後太りを防止、免疫力を高めるなど様々な効果が期待できます。

また、妊娠中は精神的にも不安定になりがちです。また、感性も豊かな状態で、妊娠中の心を落ち着かせてくれたり、肩こりやむくみといった女性特有の不調にも役立てる事ができます。

もちろん、妊娠中の体に負担がない運動が中心で、出産時に必要とされる筋肉や柔軟性が付くことで、運動不足をも解消する事ができます。

適度な運動をする事で妊娠中にかかるストレスを解消して、お産への不安も取り除くことができるため心理的高価も高く幸福感、安心感が胎児にも良い影響があるとされています。

①妊娠中の体重管理に

fd62be308b586cda6b4cb63a8ad826c9_s妊娠中は体重が増加しやすく、出産までにあまり太り過ぎてしまうと、体型が崩れるだけではなく出産がスムーズにいかなくなってしまう恐れもあります。

マタニティヨガを行う事で、運動不足を解消する事は妊娠中の体重管理に役立つでしょう。また、妊娠中にマタニティヨガをしていると産後の体型が戻りやすいという利点もあります。

②ストレス解消にもピッタリ

ストレス解消身体を動かすだけでもストレス解消に繋がりますが、ヨガはその呼吸法も心を落ち着かせストレス解消にピッタリなのです。

妊娠中は情緒不安定になる事も多いのですが、ヨガは自律神経を整える働きもあります。マタニティヨガは身も心も落ち着かせてくれるのに役立つのです。

③妊娠中の肩こりや腰痛の解消に

腰痛妊娠中は、お腹が大きくなり姿勢が悪くなる事で普段は起こらない腰痛や肩こりが発生するケースがあります。

ヨガのポーズの中には腰痛や肩こりに効果的なポーズがあるのです。適切なポーズをする事で、筋肉のこりがほぐれ血行が促進される事により悩みが解消されるのです。

④出産をスムーズに

出産マタニティヨガをしていると、出産がスムーズになると言われていますが、その理由は主に2つあります。

ひとつは、ヨガの呼吸法方が出産時に役立つからです。マタニティ教室でも出産時の呼吸法について習いますが、陣痛がくるとその呼吸法を中々実践出来ない人も多いのです。

マタニティヨガで日頃から呼吸法を身につけておくと、陣痛・出産時の痛みを乗り切りお産を順調に進める事が出来ます。

更にマタニティヨガでは、出産時に重要となる骨盤周辺の筋肉を鍛えると共に、股関節を柔らかく保つ事により赤ちゃんが産道からスムーズに出てくる事が出来るのです。

⑤人との繋がりがもてる

赤ちゃんへの影響赤ちゃんの影響と言う点でも、瞑想している中赤ちゃんだけの事を考えて、コミュニケーションをとる事が可能になります。

また、同じ妊婦さん達が集まるマタニティヨガスクールなどで、同じ悩みを共有したりと同じ境遇にあるママ同士の情報交換もできます。

スクールなどで知り合ったママ同士が、出産後にも〈ママ友〉としてお付き合いできるケースはとても多いようです。産婦人科などでも母親教室としての役目も含めて、マタニティヨガを取り入れている事も多いです。

マタニティヨガの注意点

マタニティヨガの注意点。自己判断で行うのは危険です。

ここまでは、マタニティヨガのメリットをお伝えしましたが、もちろん取り組むには注意点もあります。

まず、マタニティヨガを始める時期に関してですが、安定期である6ヶ月頃からスタートする様にお勧めされているケースが多いです。ただ行うポーズが適切ならば、妊娠初期からでもマタニティヨガを始める事が出来ます。

マタニティヨガはいつからスタートするのかよりも、自身の体調と月齢に合わせたポーズを行う事が何よりも重要なのです。

例えば、妊娠初期は気持ちを落ち着かせリラックス効果のある呼吸法をメインにしたヨガを行えば、妊娠初期からでもマタニティヨガを始められます。

逆に妊娠中にはNGなヨガのポーズもあります。妊娠中に行ってはいけないと言われているポーズについて紹介したいと思います。

①お腹を圧迫してしまうポーズ

お腹を圧迫するポーズヨガの中には、うつぶせになったりお腹を圧迫してしまうポーズもあります。もちろん、お腹に赤ちゃんのいる妊娠中はお腹を圧迫してしまうポーズはNGです。

  • コブラのポーズ
  • バッタのポーズ
  • ガス抜きのポーズ
  • 弓のポーズ

②お腹をひねる、引き伸ばすポーズ

お腹をひねるポーズ妊娠中は、お腹を強くまたは深く捻るような動作も控えなくてはいけません。ウエストを細くするのに効果的なヨガの中には、こうしたお腹を捻ったり伸ばしたりする様な動作が多くありますから気をつけましょう。

  • 三角のポーズ
  • 太陽礼拝
  • アーチのポーズ
またこの他にも、妊娠後期になると今までは問題がなかったポーズでも、お腹が大きくなる事で体勢が苦しくなる事があります。そんな時には無理をせず、お腹が苦しいと思うようなポーズは控えるべきです。

ポーズ以外にも注意すべき点がありますので紹介します。

③妊娠初期~16週(5ヶ月)は避ける

妊娠初期~16週は避けましょう妊娠初期はお腹もまだ目立ちませんし、妊婦さんも自由に身体が動かせる状態でもあります。しかし、お腹の中の赤ちゃんはまだまだ未熟な状態です。妊娠初期はまだまだ不安定な状態なので避ける事が一般的です。

スタート時期の目安は安定期である妊娠16週~とされていますが、体調は個人差があるので、やはり医師の相談が大切です。そして、妊娠中に貧血状態になる妊婦さんも多いので、そのような場合も避けましょう。ただし一部のスクールなどでは、妊娠初期でも参加できるコースもあるのですが、何よりも医師の相談の指示の元、取り組むことが大切です。

④ヨガマットは必須

ヨガマットマタニティヨガをスタートする際に必要になるものは、転倒防止のためにも専用のマットは必ず使います。

スポーツや趣味を始めるときに気になるのは、揃える道具の多さや出費でなかなか取り組めない方も多いものです。ところが、マタニティヨガは必要になるものは、このマットだけで十分です。そして、服装は女性にとっては気になるところですが、特に決まったユニフォームなどもありません。

お腹に負担の無い、ゆったりとした服装なら何でもOKです。妊婦さんはお腹が大きいので体を締め付けない裾や襟がゆったりしていると着替えも楽です。最低限の物からスタートできるので、出産準備中の出費を抑えたい方にもおすすめできる運動です。

⑤時間や頻度は無理しない程度に調整する

時計マタニティヨガをする時間や頻度は、基本は自分のペースでやるのが継続するためのコツです。1回の時間は30分程度。もちろん、朝晩で2回に分けてもいいですし、朝昼晩の3回に分けるのもいいです。自分にあったペースをみつけましょう。

マタニティヨガに取り組む頻度については、週に2回程度が目安です。週に2回程度のペースで十分な効果が得られ、無理のない運動に留める事ができます。

さいごに

マタニティヨガの効果、メリット、注意点まとめ

今ではヨガの本やDVDなどが簡単に手に入れる事が出来ます。マタニティヨガ専用の書籍も多くありますが、出来る事ならマタニティヨガは、本やDVDなどを見ながら行うのではなくきちんとヨガのインストラクターについて行ってください。特に妊娠中に初めてヨガを行う人は、自己流はNGです。

自分ではちきんと行っているつもりでも、間違ったポーズをとっている事が多くあります。また、呼吸法についても正しく覚える為にはインストラクターについて習うべきなのです。

また何よりも体調が悪い時は無理をしないこと。マタニティヨガにかかわらず、妊娠中は自分の体調とよく相談をする事が大切です。上記にあげた様な妊娠中にNGなポーズや行動に注意しながら、体調と相談しつつ上手に付き合っていけば、マタニティヨガは妊婦さんにとってメリットの高い有酸素運動だと言えるでしょう。

実際の感想や体調は個人差がありますが、運動不足を感じているなど出産に不安がある場合は、一歩踏み出してマタニティヨガに取り組んでみましょう。きっと良い結果に繋がります。

マタニティヨガの効果、メリットまとめ

  • 体重をコントロール
  • 体調不良改善
  • リラックス&リフレッシュ効果
  • 安産効果
  • 産後太り防止
  • 肩コリや腰痛の緩和
  • 免疫力を高める
  • 精神を安定させる
  • 運動不足解消
  • ストレスの解消
  • スクールに通うことでママ友が出来る

マタニティヨガの注意点まとめ

  • 苦しいポーズはしない
  • 妊娠初期~安定期まではしない
  • 必ずヨガマットの上で行う
  • 始める前に医師に相談する
  • 無理な体勢はとらない
  • 自分のペースで行う

マタニティヨガはママにとっても赤ちゃんにとっても良い影響を身体や精神に与えてくれます。注意点をしっかり守り、マタニティヨガに取り組みましょう。

スポンサーリンク