ヨガとマタニティヨガの違い

ヨガとマタニティヨガの違い

マタニティヨガを妊娠中に行いたいという妊婦の方は多く、このヨガを行う事によってお産力を高めたり、妊娠中の運動不足やストレスを解消する事に役立つものです。

そこで通常のヨガとマタニティヨガは一体何が違うのかが気になる方も多いと思いますが、基本的にはヨガの一種がマタニティヨガとなります。

ヨガには様々な流派が存在しており、目的に応じたヨガスタイルがあります。その中の1つのヨガとして普及しており、妊娠中でも安全に行う事が出来るものです。

ヨガは呼吸、ポーズ、瞑想という三つの柱で構成されており、色々なヨガ流派も基本的にはこの柱を軸にして成立しています。

マタニティヨガは、妊娠中の妊婦さんが行うヨガですから、身体への負荷を調整したり、ねじる動作が無かったりと、無理なく行える、ストレッチを重点に置いている傾向があります。

目的としては妊娠中の生活や、お産の時、産後等を想定して役立つ体の機能をアップさせるものであり、経験者の多くは妊娠中の心身の状態が良くなったり、お産が楽になったり、産後ダイエットを円滑に進める為の準備にもなります。

ヨガの目的

5da7e9289ce04da34715fc31ff51c70e_s

ヨガでは、呼吸法を行うことによって、新鮮な空気を体の隅々まで行きわたらせ、体内細胞を活性化させます。普段使っていない筋肉を使うことにより、錆び付いた体内細胞を目覚めさせ、理想の体に近づくことが目的です。

体の中に溜まった毒素を溜めたままにしておくと、病気の原因にもなります。体のコリやゆがみがある場所には、毒素もたまりやすくなります。ヨガでは、ポーズや呼吸法を通して、コリや歪みを整え、体に不要な毒素(便、汗、尿)を排出します。

体内から不要な物が出ていくと、今度は新しい物が作られます。それは、吹き出物が出たり、目ヤニや痰が出たり、汗の量が増えたり、爪の伸びが早くなったり、トイレの回数が増えたりします。不要物が出た好転反応です。

ポーズや呼吸が気持ち良く感じてくると、どこの部分に影響があるのか、認識ができるようになってきます。また、ヨガには、激しいポーズや難しいポーズもありますが、少しずつ克服できるようになってきます。それが、理想の体に近づいている証拠なのです。

また、ヨガは、対自分との向き合いを大切にしてくれる時間でもあります。

マタニティヨガの目的

e0f22d6017429b54047c5e2bc85a0fa0_s

マタニティヨガでは、妊娠中でも体に負担がかからないように安心して行えるヨガです。お母さんが妊娠中にリラックスして、スムーズな出産ができるようにすることが目的です。

妊娠中は、ホルモンの影響を受けて体が着々と変化していきます。徐々に骨盤や背骨などの骨格が変化していき、腰に負担のかかるような姿勢になっていきます。

体のバランスの崩れが、心の乱れにも繋がってきます。そのため、ポーズや呼吸法を通して、体の重心を取れるようにすることが大切なのです。妊娠中は、体の変化と共に心が不安定になったり、心配事も色々と出てきます。心の乱れを落ち着かせ、ゆったりとした気持ちを取り戻すことができるのも、マタニティヨガの良さです。

自分の体と心に向き合いながら、妊娠中も心地良く過ごせる事が、赤ちゃんとの絆をより強く結びつけてくれます。母子との繋がりを深める事は、お産をスムーズに行うために大切なことなのです。

マタニティヨガは、出産に向けてのコンディションを整えて行くことが出来る手段でもあります。お産は、子宮が緊張した状態になると、スムーズに進むことが出来ません。ポーズや呼吸法を通して、お産の時のイメージを感じておく事が大事です。

もちろん、マタニティヨガは、妊娠中の体重増加を防止したり、筋力も付ける事ができるので、妊娠中であっても体を動かすことにアクティブになれます。また、便秘やむくみ、妊娠中毒症などの病気の予防、免疫力を向上させてくれるのもマタニティヨガです。

そのような、妊娠出産中の母子に多方面から働きかけてくれるのが、マタニティヨガなのです。

スポンサーリンク