今マタニティヨガが注目される理由

ヨガと言えば心と身体、魂(時には神)に結び付ける修行法として、紀元前3000年前後にインダス文明で誕生したものです。現在は、健康法、ダイエット法としても注目されていますが、中でもマタニティ・ヨガといって出産前の女性の間で人気となっています。現在人気になっている理由はなんなのでしょうか?

マタニティヨガでお産が楽に

マタニティヨガでお産が楽に

出産のためのヨガポーズなどがあるわけではありませんが、ポージングによって体の歪みを矯正できます。また柔軟、体力がUPする効果もでき、出産時の体力のためにも鍛える事が可能です。そして、呼吸、瞑想が加わり、集中力も高まる事で、穏やかな精神状態をつくり、キープする事ができます。出産やお腹の赤ちゃんのためにも心が穏やかであるという事はとても大切です。

また、出産前には体質が変わり、たくさん栄養を蓄えるためとても太りやすい状態になります。太りすぎれば出産そのものが難産になる危険もあるため、適度な体重キープは欠かせません。落ち着いた気持ちでありながらも、ダイエット効果が得られるのですから、出産前、出産後にも必要不可欠かもしれません。

マタニティヨガと安産について

ヨガは健康維持のためのエクササイズとしても優秀です。お産は女性にとって一大事な体のお仕事でもあります。

医療が進んでいる現代でも、出産は自分の体で産み、赤ちゃんの力で出てくる以外にありません。このお仕事のためにも自分を頼れる体にする事が大切です。

ヨガの特徴では瞑想がありますが、この時もお腹の赤ちゃんの動きを感じたりする事ができます。また、瞑想でイメージするのはお腹の赤ちゃんでいっぱいですが、マタニティならではの瞑想方法があり、赤ちゃんとの一体感も見逃せない感覚の一つです。

セレブも実践している?!

セレブも実践している?!

海外のセレブがヨガを実践している流れで、日本でも芸能人やモデルなど著名人やセレブと呼ばれる方たちは、出産前の体操、運動のためにマタニティヨガを始める方が増えました。メディア情報の広がりも速いため、日本にも上陸してからはあっという間に人気となっています。

そして、セレブが使用し持ち歩いているマタニティヨガの道具類などにも注目高まり、お洒落な道具を持ち歩く姿に惹かれスタートする方も人気の理由となっています。

産婦人科でもマタニティヨガ体験、スクールが浸透

また、メディアなどで伝えられるようになると、多くの産婦人科でマタニティヨガを母親学級のプログラムに取り入れるとうになりました。必然的に参加、体験する機会が出来たことでヨガの心地良さ、楽しさを知って出産前だけではなく、出産後にも通い続ける人も多数います。

スクールや教室以外でも続けやすい

マタニティヨガをスクールで通ったりすれば、それなりにお金が掛かってしまいます。特に出産を控えた女性は準備などで経済的な負担も大きいものです。しかし、マタニティヨガや出産後のヨガスクールに通わなくても、自宅でも実践できる!と言う点も人気の秘密でしょう。

できればお金を掛けずにやってみたい・・・という方でも始められるので、とてもハードルの低い運動の一つです。道具も専用のお洒落な物を購入すれば、見た目は良いもののお金が掛かってしまいますが、自宅にあるものでやろうと思えば可能なのです。

ゆったりとした動きだから運動苦手な人でも◎

ゆったりとした動きだから運動苦手な人でも◎

ヨガはゆったりとした状態で呼吸やポージングを行います。そのため、とても遅い動きでありながらも、筋力を使うためじんわり汗をかくことも可能です。
運動が苦手な方でも、動きについていけますし、心地よく初めて継続する事が可能です。

ママ友ができる

ママ友ができる

出産前の女性にとっては不安は多いものです。マタニティヨガは同じ出産を控えた者同士ですから、お友達の輪が広がります。母親学級などに参加すると、とても多くの型と触れ合う事ができ、悩みを話し合ったり、情報交換ができます。また、人と触れながら実践できるので、気分転換にもなりますし、ストレス解消になります。

高齢出産が多い時代のため

高齢出産が多い時代のため

マタニティヨガが人気である理由では、高齢出産が増えている事も影響しています。5人に1人が高齢出産とも言われています。出産によるリスクやトラブルも多いとされていますが、多くの女性が健康な赤ちゃんを無事に出産しています。高齢であるために経済力があるという事も影響しているようです。また、年齢的に運動不足、健康状態に不安を抱えているため、出産前後の運動に良いとされるマタニティヨガを受け入れやすいというのも人気の秘密です。

スポンサーリンク