医療機関も推奨する、マタニティヨガの身体や心に与える影響まとめ

医療機関も推奨する、マタニティヨガの身体や心に与える影響まとめ

女性にとっても家族にとっても新しい命の誕生は、人生の中でも最も大切なイベントの一つです。出産の日を迎えるまでに誰もが育児について、未来の暮らしを描くなど、希望で満ち溢れていることがほとんどですが、そのように良い出産の日を迎える為には体の心も良い状態でいてこそです。

女性として、プレママとして最も楽しみながら出産準備をするならば、マタニティヨガが最適です。

マタニティヨガは出産の準備に最適

マタニティヨガは出産の準備に最適

赤ちゃんはお腹の中に十月十日とも言われていますが、出産は予定通りではありません。早く生まれたり、遅く生まれたりと十人十色です。この十月十日の期間を長いと感じてしまうでしょうか。

短いと感じてしまうでしょうか。この期間お腹の中で赤ちゃんは驚異的なスピードで成長し、お腹の赤ちゃんを成長させて、守ってあげる期間に、ママ自身の体も大きく変化しています。

ママの体の血液循環は増加して約1.5倍になり、乳房も増大して約1.5倍に、子宮も大きくなり物理的な圧迫があり、骨盤の痛み、腰痛を感じたりします。時には、不調に感じる妊娠中の体と向き合うためにも、お腹の赤ちゃんと一緒に出産のための体づくり、安産のための準備をする事が理想的です。

マタニティヨガは、お腹の赤ちゃんと一緒に出来ますし、無理をしないゆったりとした動きで行えます。

マタニティヨガの体への働きかけ

マタニティヨガの体への働きかけ妊娠中は体に大きな負担があります。腹痛、下痢、むくみなど体調不良を感じる事が多いものですが、これらの不調を解消する方法がマタニティヨガなのです。マタニティヨガの呼吸、ポージングを少しづつ継続して実践すると、妊娠中の基礎代謝を高めて過度な体重増加を抑制する効果が期待でき、体重管理もしやすくなります。

また、マタニティヨガをする事で、体が柔軟になり骨盤も開きやすくなり出産そのものが楽になるという効果も期待できます。出産後の歪んだ骨盤もマタニティヨガで解消できるなど、継続するとよりよい状態で育児に専念できます。

マタニティヨガは心への働きかけも

マタニティヨガは心への働きかけもマタニティヨガの呼吸法によって、リラックスの効果があります。妊娠中の体への負担、不安を落ち着かせてくれます。出産は誰もが初めての時は不安もあり、マタニティブルーという言葉が代表的ですが、精神的にも不安定になりやすくもあります。マタニティブルーは妊娠期、出産後に気持ちが沈んでしまったり、落ち込んでしまう症状を言います。

ホルモンバランスが乱れる事で起こると考えられていて、出産を控えている女性ならば誰にでも起こる可能性のあるものです。

マタニティブルーの良くある症状

  • 些細な事で悲しい気持ちになり、涙が出たりする
  • 将来不安
  • やる気減退
  • イライラ感
  • 体が重く眠気を感じる

上記の症状は、産後に多く発症すると言われています。症状の出方、タイミングは個人差があるもので妊娠初期から現れる方もいます。マタニティブルーの症状が出る人、出ない人と個人差はありますが、性格が影響しているとも言われています。根が真面目・心配性・几帳面と言う方は、比較的多く発症するとも言われています。とても真面目なために育児や出産について、多くの事を考えてしまうために、気持ちの柔軟性を失ってしまうことが影響するようです。

出産前に不安を感じる瞬間とは?

出産前に不安を感じる瞬間とは?

出産前に不安を感じた瞬間に気持ちが落ちてしまう、沈んでしまうという方が多いマタニティブルーですが、キッカケは様々です。

1、妊娠が分かった時

妊娠が分かった時月経が遅れている事で妊娠したかもしれない・・・という不安、悩み。突然生活の変化が起こる不安感。薬を服用していた事の心配。子供への愛着など。

2、つわりがある時

つわりつわりの症状がひどいために、食事ができない、睡眠不足な体への不安感。

3、医師の診断が思わしくない時

医師妊娠中の切迫早産、切迫流産の可能性を診断されたときの不安。

4、経済状況

経済状況出産費用の準備、出産後の育児にかかるお金など、十分な準備が出来ていないと感じたときの不安。

5、夫婦関係

夫婦関係
妊娠が分かってからの夫婦関係に変化が起こった時など。

6、痛みへの恐怖

痛みへの恐怖
出産直前の陣痛、破水などの恐怖感。

安心して出産を迎えるマタニティヨガ

マタニティブルーは、誰もが不安に感じてしまう材料があり、その不安感を解消する事が大切です。出産は一大イベントです。女性の人生で経験できる出産とは、とても奇跡的であり何回も経験できることではありません。現在は医療が発達していますので、出産の事故はごく少数となっています。安心して出産をするために、マタニティライフを楽しんで過ごす事がとても大切です。

そんなマタニティライフを充実させるためにおすすめなのが、マタニティヨガなのです。

マタニティヨガがよく分からない?

096917

ヨガとマタニティヨガは基本の部分は一緒ですが、妊婦さんのためのヨガで動きもとてもゆったりとして負担の無いものです。ヨガを続けている人はとても体が柔らかくて、私にはできない!と思ってしまう人もいますが、本来の目的は柔軟性のある体にする事ではなく、呼吸です。

正しい呼吸法が身に着く!

124223マタニティヨガでの呼吸法は出産時にも役立ちます。マタニティヨガでは腹式呼吸を行い、通常よりもより力強く、深い呼吸ができます。この呼吸は正しくできていない人が多いのですが、呼吸ができるだけでもお産を楽にする事ができます。

腹式呼吸と胸式呼吸の違い。状況に応じて二つの呼吸法を使い分けよう

マタニティヨガは準備が必要?

マタニティヨガは準備が必要?

いざ、マタニティヨガを始めようと思っても、専用の道具や準備が必要なのでは?と、経済的な面でも躊躇してしまう人がいますが、マタニティヨガは必要なものは限られています。体を動かしやすい伸縮性のあるウェア、ヨガマットがあればいつでもどこでも始められますし、買い揃える物も高価なものでなくても十分です。ウェアも専用ウェアがありますが、初めてやる方はカジュアルな大き目のウェアを使用している人も多いです。準備する際に、経済的な面で負担になる事はほぼありません。
自宅でマタニティヨガを始める前に準備しておくもの5つ
おすすめヨガマット3選
おすすめマタニティヨガウェアランキング

運動が苦手でも大丈夫

運動が苦手でも大丈夫

運動が苦手で抵抗感を感じる人も多いかもしれません。嫌いな人は特にですが、マタニティヨガは長時間キツイ運動をしているわけではありません。少し難しいなと感じるポーズでも休む時間、呼吸を整える時間があり、マイペースで取り組むことができます。

体の柔軟性を高める

マタニティヨガは妊婦さんのためのヨガなので、股関節を柔軟にするポーズや腰痛、肩こり解消のストレッチなど日頃感じる不調を緩和、解消する事が期待できます。

続けられるのか不安

マタニティヨガは、続けることが大切ではありますが、自分のペースでできます。頑張りすぎる必要もありません。マタニティヨガの1回の時間は、約30分程度です。この時間が無理であれば、朝15分、夜15分や10分を1日3回などでも良いです。自分にあった時間割で実践できます。

実践する頻度も毎日継続できれば立派なものですが、週に1,2回でも良いのです。体調の良い時に、週2回程度できれば十分に効果が期待できます。また、産後にも継続する事で、骨盤のゆがみ、産後太りを解消する事もできます。

産婦人科医も推奨するマタニティヨガ

358026

マタニティヨガは、産婦人科医も推奨しています。妊娠中には適度な運動を勧められますが、普段運動をしない人が突然始める時、何をどうしたらいいのか?迷ってしまいます。そして、素人判断で無理な運動をしてしまったり、体制になってしまうと母体への負担になる場合もあります。妊娠中の体にあった運動として、マタニティヨガは最適です。

マタニティヨガの注意点

マタニティヨガの注意点

マタニティヨガは良いことだらけですが、注意しなければならない事もいくつかあります。

マタニティヨガそのものは、妊婦さんのためのヨガですが、体調などは個人差があるものです。実際に始める前に、医師に相談しましょう。基本は妊娠初期は避けなければなりません。また、医師に良いと判断されたとしても、日ごろの体調には敏感になっておきましょう。貧血気味である場合やお腹の張りを感じる、などいつもと違う症状がある時は避けるべきです。

マタニティヨガの効果やメリット、やってはいけないポーズと注意点

まとめ

まとめ

いかがでしょうか?マタニティヨガは、出産のための体づくりだけではなく、精神的なサポートもしてくれます。出産は妊婦さん一人で悩みを抱える人が多いですが、マタニティヨガは、気軽に始められ、同じ悩みを持つマタニティママ達との交流もできます。気になる事、分からない事も気軽に話せて気分転換、ストレス解消になります。

気持ちの良い汗をかいて、健康をサポートしながら出産準備ができるマタニティヨガなら、心身共に最高の状態で出産の日を迎える事ができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク